自分のライフスタイルで効率の良い学習を♪「通信」

PAGE 4

 数ある行政書士勉強法の中でも、ここ数年、忙しい社会人を中心に支持されているのが「通信教育」です。合格に必要な教材がセットで届き、自分のライフスタイルに合わせて学習することができるとあって、多くの行政書士受験生の間で有効な勉強法の一つとして認識されるようになりました。
最近では様々な資格試験や趣味・教養関連の通信講座が展開されており、社会人の学びには欠かすことのできないツールとなりつつあるようです。

 行政書士の勉強法に「通信教育」を選ぶメリットとしては、「プロのノウハウがつまった充実教材をリーズナブルな価格で手にすることができること」「受講する時間帯が決められていないので、自分の生活の中に無理なく学習を組み込めること」があります。
合格のために効率良く学習できる教材を使い、自分の生活リズムで学べる・・・。
通信教育はいわば、予備校通学と独学のメリットをひとつにした行政書士勉強法であると言えるのではないでしょうか?

 しかしながら、もちろん行政書士試験対策で「通信」という勉強法を選択するデメリットもあります。「時間管理が上手くできずにこなしきれなかった」「他の受験生の存在を感じる機会がないので、モチベーションの維持に苦労した」「通信なのに、意外と高額だった」など、ネット上のクチコミでは通信ならではのマイナス面がたくさん挙げられています。
「通信教育」が多くの行政書士受験生にとって理想の勉強法であるといっても、自分に合った教材選びや自己を律する力など、勉強をする上で心得ておくべきことはあるようです。

 このサイトでは、行政書士通信教育という勉強法については特にクローズアップして、大切な心得などを紹介しています。
ぜひ参考にし、通信教育で合格を勝ち取ってください!