日程・試験地・出願

PAGE 17

 行政書士試験を受験するのであれば、まずは早い段階で受験データを確認し、必要な準備を進めなくてはなりません。
詳細に関しては毎年、「財団法人行政書士試験研究センター」にて受験案内が公布されます。
受験の詳細に関しては様々なサイトで公開されているケースもありますが、必ずご自身で正確な情報を把握されることをお勧めします。

以下は、行政書士試験について、例年の概要です。

 行政書士試験は、11月上旬から中旬にかけての日曜日の午後に実施されます。
試験時間は3時間です。
試験地は全国の大学を中心に設定されます。受験者は最寄りの会場を自由に選択することが出来ますが、各会場にはそれぞれ定員があるため、出願時期によっては希望とは違う場所で受けなければならなくなることもあります
そのため、出願は早めに済ませておくと安心でしょう。

行政書士試験に必要な書類は、毎年8月上旬から9月上旬にかけて入手できます。
あらかじめ定められた全国の窓口の他、郵送でも請求することが可能となっています。
出願の時期についても願書配布期間と同じ頃になるので、期限に間に合うようにゆとりを持って済ませておきます。
こちらは郵送もしくはインターネットによって受け付けていますが、インターネットによる申し込みの場合には「郵送よりも出願期間が早く締め切られる」「本人名義のクレジットカードが必要」など注意が必要です。
また、郵送による手続きの際には「簡易書留で送付する」という指定があります。

 行政書士試験の受験手続については、事前にしっかりと書類を読み込み、間違いのないよう確実に行えるようにしましょう。