行政書士勉強法♪法律初学者向け決定版

合格率一桁の壁・・・。しかしあくまで「基礎理解」が重要

「法律を学ぶのは初めてだけれど、行政書士試験はどんな勉強法で合格するの?」
こちらのページにたどり着いた方は、きっとこんな疑問を解消したいために現在、あれこれと情報収集に励まれているのではないでしょうか?
以前は「独学でも合格できる」と言われるほど比較的受験しやすい試験だったはずなのですが、ここ10年ほどの内に、すっかりと難関国家資格のひとつとして仲間入りを果たしてしまった行政書士試験。「一体どんな勉強法を実践すれば良いの?」とお悩みの受験生はたくさんいます。

 しかしながら、意外にもこの行政書士試験の勉強法はシンプルのようです。
合格者の中には法律を初めて学ぶ人が珍しくなく、そういった方は必ずと言ってよいほど「基本的な事項に的を絞って確実に得点した」と、自身の受験体験を振り返ります。
難解な問題に心を乱されることなく、いかに落ち着いて基本的な部分で得点できるかが決め手となるようです。

 こうした状況から、合格率一桁の壁を突破するために必要な力は「高度な専門知識の習得」ではなく、「基礎重視の内容理解」で十分に培えるということになります。
法律を初めて学ぶ方も、この点を意識した行政書士勉強法を考えることで、意外にも効率良く合格を目指すことが出来るかもしれません。
よく、“試験内容の難化”が話題にされていますが、一部の設問を除けば一概にそんなことは言えません。合格基準である60%の出題は、基礎的な内容から出題されているのです。
こんなふうに考えれば、合格率わずか一桁の難関国家試験もぐんと身近なものに感じられるのではないでしょうか?

 本サイトでは、法律初学者でも無理なく合格を目指せる行政書士勉強法をご紹介しています。
受験勉強に専念することが難しい社会人の方でも取り組める方法や学習方法のポイント、その他、行政書士勉強法に役立つ各科目の要点やチェックしておきたい受験データなど、本試験対策上必要な事項も数多く取り上げています。

 行政書士は、正しい勉強法を実践することにより法律初学者でも確実に合格を目指すことのできるテストです。
このサイトでご紹介する行政書士勉強法ノウハウを実践し、夢を実現させましょう!

次のページを読む